猖獗(読み)ショウケツ

  • ×猖×獗
  • しょうけつ シャウ‥
  • しょうけつ〔シヤウ〕

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)悪い物事がはびこり、勢いを増すこと。猛威をふるうこと。「コレラが猖獗を極める」
「秋から流行している悪性の感冒は未だ―していた」〈宮本伸子

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

スル
(好ましくないものが)はびこって勢いが盛んであること。 -をきわめる 羅馬の郭外は、強賊勢いきおい-にて/慨世士伝 逍遥

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (形動)
① たけく、あらあらしいこと。勢いがさかんで荒れ狂うこと。また、そのさま。
※古学先生文集(17C後頃)五・筆記「然吾治巳盛、則彼自慴伏無其猖獗
※改正増補和英語林集成(1886)「テキノ イキオイ ハナハダ shōketsu(ショウケツ)」 〔新書‐俗激〕
② 激しかった勢いがしだいに衰えること。勢いが傾くこと。また、そのさま。〔蜀志‐諸葛亮伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

オーナー商法

物品や権利を消費者に販売すると同時にその物品・権利を事業者が預かり、生産・運用・レンタル・管理・保管などの利殖の高さをうたって資金を集める商法。見かけ上は購入者が物品・権利のオーナーとなるため、こうよ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

猖獗の関連情報