コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トランスナショナルな関係 とらんすなしょなるなかんけいtransnational relations

知恵蔵の解説

トランスナショナルな関係

近代国家システムでは、国際関係の主要な回路は政府間関係であった。しかし人間の諸活動が国境を超えて活発に行われるようになった今日では、民間の個人・団体と他国の民間の個人・団体との関係、そして民間の個人・団体と他国の政府との関係の重要性が飛躍的に増大した。前者の民間相互関係の典型は私企業間の貿易や業務提携、市民運動の国境を超えた連帯、文化交流、私人間の国際通信など。後者の民間と他国政府間の関係については、私企業が他国でロビイストを雇いその国の政府に対する圧力活動を行うとか、市民運動が他国政府の政策に反対してその国の新聞に意見広告を載せる、などが例。この両者を合わせてトランスナショナルな関係と呼び、伝統的な政府間関係と区別する。

(坂本義和 東京大学名誉教授 / 中村研一 北海道大学教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

トランスナショナルな関係の関連キーワードトランスナショナリズム

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android