コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トランスワールド航空 トランスワールドこうくうTrans World Airlines, Inc.; TWA

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トランスワールド航空
トランスワールドこうくう
Trans World Airlines, Inc.; TWA

アメリカン航空に吸収されたアメリカ合衆国の航空会社。1930年航空会社 3社の合併によりトランスコンチネンタル・アンド・ウェスタン・エアーとして誕生,1945年国際線に進出し,1950年トランスワールド航空 TWAと改称された。この間 1939年から 1966年まで,航空の開拓者として知られる投資家ハワード・ヒューズが筆頭株主となって TWAを経営した。1967年大手ホテル・チェーンのヒルトン・インターナショナル(→ヒルトン・ホテルズ)を買収,1973年サービス業のキャンティーンを買収,1979年持株会社としてトランスワールド Transworld Corp.を設立。国内線,国際線の定期路線をもち,一時はアメリカ第2の航空会社となった。しかし 1978年の航空自由化によって競争が激化,1990年代の燃料費の高騰や格安航空 LCCの台頭などから慢性的な経営不振に陥り,1992年連邦破産法による保護を申請して再建を目指したが,2001年末アメリカン航空に吸収され,事業を閉じた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

トランスワールド航空の関連キーワードトランスワールド航空[会社]航空輸送クーンツ

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

トランスワールド航空の関連情報