コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トランプラー星 トランプラーせい Trumpler's Stars

3件 の用語解説(トランプラー星の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トランプラー星
トランプラーせい
Trumpler's Stars

R.トランプラーがいくつかの散開星団中に発見した,異常に質量の大きな星。そのスペクトル赤方偏移から質量の大きさが推定されるが,そのわりに絶対光度が高くないので,質量光度曲線にあてはまらない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

トランプラー星【トランプラーせい】

1930年代にR.J.トランプラーによって散開星団中に発見された,視線速度が他の星よりも大きい7個の星。スペクトル線の変位が一般相対論から予言される重力変位によるものとされたことで知られる。
→関連項目トランプラー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

トランプラーせい【トランプラー星 Trumpler’s stars】

トランプラーR.J.Trumplerが,1930年代に散開星団中に見つけた視線速度が他の星よりも大きい7個の星。スペクトル線の変位は,視線運動ではなくて一般相対論の予言する重力変位であると解釈してその質量を算出すると太陽の55~400倍となる。ふつうの連星から求めた星の質量にはこんなに大きなものはなく,質量光度関係の空白部を埋めるデータとして重用されたこともある。しかし今では相対論的な解釈は疑問視する人が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

トランプラー星の関連キーワードキャップランプトランプ類税シューマンプランナンプラーマップランプヨーロピアンプランストップランプランプラーTrumpler,R.J.トランプラー,R.J.

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone