トリガタハンショウヅル(読み)とりがたはんしょうづる

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トリガタハンショウヅル
とりがたはんしょうづる / 鳥形半鐘蔓
[学]Clematis tosaensis Makino

キンポウゲ科の藤本(とうほん)(つる植物)。葉は1回3出複葉、小葉は狭卵形で鋸歯(きょし)がある。4~6月、葉より短い柄の先に細い鐘形で長さ約3センチメートルの黄白色花を1個ずつ下向きに開く。小包葉は1対で花柄の基部につき、鱗片(りんぺん)に覆われる。果実は痩(そう)果で、羽毛状の花柱が残る。山地の林縁に生え、本州、四国に分布する。名は、高知県の鳥形山で最初に採集されたことによる。[門田裕一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のトリガタハンショウヅルの言及

【ハンショウヅル(半鐘蔓)】より

…伊豆半島と四国に分布し,この種とハンショウヅルの分布範囲は重ならない。トリガタハンショウヅルC.tosaensis Makinoでは,花柄は葉よりも短く,小苞はその基部につき,萼片は淡黄白色。本州,四国に分布する。…

※「トリガタハンショウヅル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報