コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トリフィン案 トリフィンあんTriffin plan

1件 の用語解説(トリフィン案の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トリフィン案
トリフィンあん
Triffin plan

1958年にエール大学の R.トリフィンが『金とドルの危機』 (1960) のなかで提唱した世界中央銀行創設案。トリフィンは以下のように主張した。基軸通貨をマネタリー・リザーブとして保有する金為替本位制度のもとで,世界経済が持続的に成長するためにはある程度の国際流動性の持続的増加が必要である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

トリフィン案の関連キーワード岸信介内閣テレビドラマ新共和国連合上野山功一モノコックボディ高田(福岡県)光の科学史アイトマートフアラビア石油[株]ケラワック

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone