ジレンマ

精選版 日本国語大辞典「ジレンマ」の解説

ジレンマ

〘名〙 (dilemma)
① 論理学で、ふつう望ましくない二つの選言肢をもつ結論が出てくる議論をいう。たとえば「もし君が神を信じるなら、理性は不必要だ」「もし君が神を信じないなら、理性は無益だ」という二個の仮言的前提と、「君は神を信じるか、信じないかのどちらかだ」といった選言的前提から、「理性は不必要か無益だ」という選言命題を引き出す議論。
※外山正一の画論を駁す(1890)〈森鴎外〉七「彼肉色あれば神霊ならず、神霊ならんと欲すれば人形ならずといふ首鼠両端(ヂレムマ)に苦しめらるる如きは」
② 選ぶべき道が二つあってそのどちらもが、望ましくない結果をもたらすという状態。八方ふさがり。
※煤煙(1909)〈森田草平〉一九「私のはデレマの上にある。私は━正しい父の子でないか。それでなけりゃ生甲斐のない身か、何方かです」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「ジレンマ」の解説

ジレンマ(dilemma)

《「ディレンマ」とも》
二つの相反する事柄の板挟みになること。「ジレンマに陥る」
論理学で、二つの仮言的判断を大前提とし、その判断を小前提で選言的に肯定または否定して結論を導き出す三段論法。例えば、「城にとどまれば焼き殺される。城から出れば切り殺される」「城にとどまるか、城から出るかよりほかに道はない」「故に、いずれにしても殺される」の類。両刀論法

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のジレンマの言及

【詭弁】より

…また,知り合った女性がみな感情的だとしても,このことから〈女性はみな感情的だ〉とするのは誤った,詭弁的議論であるが,それは〈部分について成立することも全体については成立するとはかぎらない〉という論理学的原則を無視したために起こった。少し複雑な詭弁にジレンマ(両刀論法)の誤った適用がある。〈本当のことをいえば世間から憎まれ,噓をつけば神様から憎まれる。…

【両刀論法】より

…ジレンマdilemmaともいう。伝統的形式論理学に登場する概念で,元来,後件を共通にする二つの仮言命題と,その二つの前件の選言とからその後件を推論する論法であるが,後件を別のものにとったり,前提の一つを後件の選言でなく各後件の否定の選言としたりして拡張した推論をもいう。…

※「ジレンマ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

バブル方式

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染拡大防止策の一。国際的なスポーツ大会で、選手や運営関係者を隔離し、外部と接触させない方式。[補説]泡(バブル)の膜でとり囲むように、内部と外部を遮断する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android