コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トリフェニルメタン染料 トリフェニルメタンせんりょうtriphenylmethane dye

世界大百科事典 第2版の解説

トリフェニルメタンせんりょう【トリフェニルメタン染料 triphenylmethane dye】

塩基性染料の一種で,その分子構造はメタンを中心として3個の芳香族アミン(複素環も含めて)が点対称のような形で連なっている。また塩基性染料であるため,一般には分子内の1個のアミノ基はカチオン(陽電荷)となっているのが普通であるが,スルホン酸基をもつアニオン型の酸性染料もある。歴史的には1856年W.H.パーキンが最初に発見したモーブなる染料もこの近縁とみられるので非常に古い。色が鮮明で濃色の反面,染色堅牢度が低いのが特徴であったが,塩基性染料のあるものはアクリル繊維を美麗に染め,また耐光性も高いことが見いだされた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

トリフェニルメタン染料の関連キーワードトリフェニルメタン顔料カルボニウムイオン染料フクシン擬塩基

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android