コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トリフェニルメタン染料 トリフェニルメタンせんりょう triphenylmethane dye

1件 の用語解説(トリフェニルメタン染料の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

トリフェニルメタンせんりょう【トリフェニルメタン染料 triphenylmethane dye】

塩基性染料の一種で,その分子構造メタンを中心として3個の芳香族アミン(複素環も含めて)が点対称のような形で連なっている。また塩基性染料であるため,一般には分子内の1個のアミノ基カチオン(陽電荷)となっているのが普通であるが,スルホン酸基をもつアニオン型の酸性染料もある。歴史的には1856年W.H.パーキンが最初に発見したモーブなる染料もこの近縁とみられるので非常に古い。色が鮮明で濃色の反面,染色堅牢度が低いのが特徴であったが,塩基性染料のあるものはアクリル繊維を美麗に染め,また耐光性も高いことが見いだされた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

トリフェニルメタン染料の関連キーワード塩基性染料オーラミンヒストンフクシン塩基性炭酸銅植物性染料分子進化学メチルレッド塩基性アミノ酸二重らせん構造

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone