トリンブル(英語表記)Trimble, David

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トリンブル
Trimble, David

[生]1944.10.15. ベルファスト
イギリスの政治家。北アイルランド行政府初代首相(在任 1998~2002)。アルスター統一党 UUP党首。ベルファストの大学で法律を学んだのち,1970年代からプロテスタント強硬派の運動に参加し,1977年アイルランドにおけるプロテスタント系の最大政党,アルスター統一党に入党。1990年イギリス下院に初当選。1995年 UUP党首就任後はアイルランド共和国側との対話に積極的になり,1996年に始まった和平会議でも柔軟な姿勢で臨んだ。カトリックへの譲歩を許さないプロテスタント内の強硬派に粘り強く説得を重ね,1998年4月の和平合意「聖金曜日の合意」にこぎつけた。同 1998年7月には北アイルランド行政府の初代首相に選出。1998年カトリック勢力の説得にあたったジョン・ヒュームとともにノーベル平和賞を受賞。2002年首相を辞任。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トリンブル
とりんぶる
David Trimble
(1944― )

北アイルランドの政治家。イギリス領・北アイルランド自治政府初代首相。北アイルランド生まれ。クイーンズ大学法学部卒業。イギリス軍、プロテスタント勢力、カトリック勢力が争いを続けている北アイルランドにおいて、プロテスタント系極右政党に一時期所属したが、1978年、より穏健なアルスター統一党(UUP)に入党。1990年、クイーンズ大講師からイギリスの下院議員に当選。1995年UUP党首就任。カトリック側に対していっさいの妥協を拒む強硬派と見られていたが、1997年から北アイルランド紛争の平和的解決を目ざす全政党会議に参加。カトリック過激派組織のアイルランド共和軍(IRA)に対する武装解除の要求を先送りするなど、柔軟路線を明確にする。1998年4月、「北アイルランドのイギリスからの独立と、南北アイルランド統一へ道を開きかねない」と懸念する同僚議員らの反対を押し切り、和平合意に調印。同年7月、北アイルランド自治政府の初代首相に選出された。しかし、2001年7月にはIRAの武装解除の遅れに抗議して辞任。同年11月に首相に復帰したものの、身内にも不満分子を抱え、和平プロセスのかじ取りは難航した。2002年10月にはIRAの政治組織シン・フェイン党のスパイ活動疑惑による自治政府内の混乱を受け、イギリス政府が直轄統治を復活、自治政府の権限が停止された。2005年5月の総選挙で落選し、UUP党首を辞任。1998年、ノーベル平和賞を受賞。[尾関航也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android