トルコ・ギリシア戦争(読み)トルコギリシアせんそう

百科事典マイペディアの解説

トルコ・ギリシア戦争【トルコギリシアせんそう】

1830年のオスマン帝国からのギリシア独立後,両国の間で未解決となっていた領土をめぐる2度の戦争。(1)トルコ領クレタ島にはギリシア系住民が多く,1866年以来ギリシア併合要求の反乱が多発。これに応じて1897年ギリシアは出兵したが敗れた。この間英・仏・露・独・伊・オーストリア6ヵ国はギリシア沿岸を封鎖してトルコを支援。ギリシアは6ヵ国の仲介で講和し,賠償金を払い,クレタ島はトルコ主権下で自治が認められた。(2)1919年ギリシアのベニゼーロス首相は大ギリシア主義を掲げてトルコの港市イズミルに出兵。アナトリア内陸に侵攻して〈イオニア国家〉の建設をめざしたが,ケマル・アタチュルク指揮のトルコ軍に完敗。ギリシアでは戦後の反動化で一時王政に復古した。
→関連項目イズミル

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android