コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トルバル Primož Trubar

世界大百科事典 第2版の解説

トルバル【Primož Trubar】

1508‐86
ユーゴスラビアの人文学者。スロベニア人。ウィーンで神学を修める。早くからプロテスタントの宗教改革に共鳴し,何度か国外に追放された。その間トリエステやドイツ各地で自国語による20冊以上もの著作をものする。国内では初めてスロベニア語の印刷所をつくり,学校を組織。その後も聖書を共訳するなど,文語の確立と文学の発展に尽力したが,反宗教改革者によってほとんど書物は焼却され,現存するものはわずかしかない。【田中 一生】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のトルバルの言及

【リュブリャナ】より

…14世紀ハプスブルク家の領土となり,15世紀中ごろには司教座が置かれ,商業,家内工業が飛躍的に発展した。宗教改革の時代にトルバルPrimož Trubar(1508‐86)が活躍し,1550年スロベニア語初の書物を出版している。17~18世紀はバロック式の教会や貴族の館が町を飾り,ヨーロッパで2番目に古い好楽協会も誕生した(1702)。…

【リュブリャナ】より

…14世紀ハプスブルク家の領土となり,15世紀中ごろには司教座が置かれ,商業,家内工業が飛躍的に発展した。宗教改革の時代にトルバルPrimož Trubar(1508‐86)が活躍し,1550年スロベニア語初の書物を出版している。17~18世紀はバロック式の教会や貴族の館が町を飾り,ヨーロッパで2番目に古い好楽協会も誕生した(1702)。…

※「トルバル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

トルバルの関連キーワードECGI(電子制御式ガソリン噴射装置)車両安定制御システムエッケルスベールスティーブンズクローフォードライオン記念碑デンマーク美術シンディングトルバルセンアビルゴールニールセンスロットル新古典主義カノーバ古典主義セルゲル北欧美術絞り弁輪郭画彫刻

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android