コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トルーノジョヨ Trunojoyo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トルーノジョヨ
Trunojoyo

[生]?
[没]1678頃
インドネシア,マドゥラ島の王の子。マジャパイト王国の子孫と称して人心をとらえ,1674年頃マタラム王国アマンクラット1世に対して反乱を起した。オランダ東インド会社は防戦したが,一時ジャワの東半分の大部分は彼の手に落ち,クディリの町がその根拠地となった。 78年会社はついにクディリを占領し,彼を捕えて処刑した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

トルーノジョヨの関連キーワードサブレ夫人ゴドフレーハレーホーホストラーテンラ・ロシュフコーフランス史(年表)草梁倭館と日本人居留地放課後等デイサービス男性の1人世帯五十嵐道甫

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android