コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マタラム王国 マタラムおうこくMataram

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マタラム王国
マタラムおうこく
Mataram

中部ジャワの2つの王国。 (1) 8世紀前半から 10世紀まで続いたヒンドゥー系の王国。同地方の仏教王朝シャイレーンドラ朝スマトラシュリービジャヤ王国との政略結婚の結果,ジャワからスマトラに本拠を移したため,サンジャヤという王の血統がこれに代って支配を確立したもの。サンジャヤ朝ともいう。 (2) 16世紀末から 18世紀なかばまで栄えたイスラム系王国。マジャパイト王国を滅亡に導いたジャワ北岸のイスラム系小国家群の盟主で,第3代の王スルタン・アグンのとき,ジャワの大半を領したが,17世紀後半以後しばしば内紛を起し,そのたびにオランダの介入と領土の縮小を招き,1755年に領土を2分された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

マタラムおうこく【マタラム王国】

インドネシア、中部ジャワを中心としてあった二つの王朝。
732年、サンジャヤが建てたヒンズー王朝。寺院遺跡を残す。
一六世紀末、セナパティが建てたイスラム王朝。一七世紀前半、中部・東部ジャワのほぼ全域を支配。のちオランダの介入を許し、一八世紀半ばには衰退。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

マタラム王国の関連キーワードクーン(Jan Pieterszoon Coen)ババッド・タナ・ジャーウィーボロブドゥル寺院遺跡群プランバナン寺院遺跡群フォルステンランデンジョクジャカルタ王宮トゥリウィンドゥ市場東南アジア史(年表)アマンクラット1世ジョクジャカルタファン・フーンスプランバナン寺院ジョグジャカルタジャワトゥンガ州カスナナン王宮マーツァイケルトルーノジョヨスペールマンインドネシアクジャウェン

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android