トレーナー

デジタル大辞泉 「トレーナー」の意味・読み・例文・類語

トレーナー(trainer)

スポーツで、主に体力作りなどを行う指導者
動物を訓練する人。訓練士。調教師
運動選手がからだを冷やさないために着る、練習用の上着スエットシャツ。
[補説]3日本語での用法

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「トレーナー」の意味・読み・例文・類語

トレーナー

  1. 〘 名詞 〙 ( [英語] trainer )
  2. 各種のスポーツで、選手を訓練する人。また、選手の体調を調整する人。〔アルス新語辞典(1930)〕
    1. [初出の実例]「いつこんな苦しい訓練から自由になるのかトレーナーでもある父をはげしく怨んだ」(出典:死者の遺したもの(1970)〈李恢成〉)
  3. 馬、犬などの調教師。
  4. 運動選手などが練習着の上に着用する上着。多くは綿ジャージー製で、かぶり式のゆったりとしたものが多い。現在では一般に、日常着として広く用いられる。スエット‐シャツ。
    1. [初出の実例]「番組のロゴ入りトレーナー」(出典:金魂巻(1984)〈渡辺和博・<著者>タラコプロダクション〉テレビ・ディレクター(プロデューサー))

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

とっさの日本語便利帳 「トレーナー」の解説

トレーナー

コーチや調教師ならばともかく、厚手の運動着を指すのは和製用法。sweatshirt(スウェットシャート)が正しい。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android