トンブクツ(英語表記)Tombouctou

デジタル大辞泉「トンブクツ」の解説

トンブクツ(Tombouctou)

マリ中部の商業都市。ニジェール川北岸に位置し、トゥアレグ族が多く居住する。サハラ砂漠を縦断する隊商路の要地として、岩塩・金・象牙交易で栄えた。15世紀にソンガイ帝国に支配され、16世紀前の最盛期には西アフリカ随一の宗教・文化都市になった。日干し煉瓦(れんが)を積み上げ、表面に泥を塗って造られたモスク聖者の霊廟(れいびょう)などが残り、1988年に世界遺産(文化遺産)に登録。その後、砂漠化や地域紛争などによりたびたび危機遺産に登録されている。ティンブクトゥトンブクトゥ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「トンブクツ」の解説

トンブクツ

(Tombouctou) アフリカ西部、マリ共和国中央部の商業都市。サハラ砂漠とステップとの境界にあり、サハラ隊商路とニジェール川水運による交易で栄えた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android