コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トンブクツ Tombouctou

デジタル大辞泉の解説

トンブクツ(Tombouctou)

マリ中部の商業都市。ニジェール川北岸に位置し、トゥアレグ族が多く居住する。サハラ砂漠を縦断する隊商路の要地として、岩塩・金・象牙の交易で栄えた。15世紀にソンガイ帝国に支配され、16世紀前の最盛期には西アフリカ随一の宗教・文化都市になった。日干し煉瓦(れんが)を積み上げ、表面に泥を塗って造られたモスクや聖者の霊廟(れいびょう)などが残り、1988年に世界遺産(文化遺産)に登録。その後、砂漠化や地域紛争などによりたびたび危機遺産に登録されている。ティンブクトゥトンブクトゥ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

トンブクツ

トンブクトゥ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

トンブクツの関連キーワードミスラータジェンネトゥアトタウデニザゴラ