コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トールベッケ トールベッケ Thorbecke, Johan Rudolf

2件 の用語解説(トールベッケの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トールベッケ
トールベッケ
Thorbecke, Johan Rudolf

[生]1798.1.14. ズウォレ
[没]1872.6.5. ハーグ
オランダの法学者,政治家。ドイツベルギー,オランダの各大学で講師をつとめ,ドイツの歴史法学派の創始者 F.サビニーの影響を受けた。立憲君主制を導入した 1848年のオランダ憲法を主として起草,49年自由党党首として組閣,49~53,62~66,71~72年首相をつとめた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トールベッケ
とーるべっけ
Johan Rudolf Thorbecke
(1798―1872)

オランダの政治家。ズウォレに生まれる。オランダを立憲王制に変えた1848年憲法の起草者の一人で、自由党の党首。3次にわたって内閣を組閣(1849~1853、1862~1866、1871~1872)、首相として選挙制度の改革、自由主義貿易の推進、新運河と水路の開発に貢献した。とくに学校教育の充実を図り、保守自由主義派とカトリックに対立し、「中立」の学校を設けた。デルフトに工芸学校を建て、また、中産階級のために新しい形の中学校を設立した。さらに、オランダ領東インドの植民地における奴隷制度を廃止した。こうした積極政策は国王ウィレム3世Willem (在位1849~1890)に敵視され、彼の死後、自由党は進歩派と保守派との内部対立に苦しむことになる。[磯見辰典]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トールベッケの関連キーワードウォレットソフトズウォレウォレットヘンリーAウォーレスウォルサムフォレストシーズウオーヒルズウォーク徳重ガーデンズプラチナフォレストウォーターレイチェル・ウォレスを捜せウォレンティ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone