コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドイラ

百科事典マイペディアの解説

ドイラ

ウズベキスタンの一枚皮の枠太鼓。タンバリンの一種。円形の木枠の内側には多数の金輪か小さなシンバルがついている。乾いた音を出すため演奏前に皮面をあたため,振ったり両手の指で皮面や枠を打つ。大きな音を出すよう金属の指ぬきをはめている。踊りと結びついて複雑で洗練された即興的なリズムを刻む。合奏,歌の伴奏にも用いられる。ウイグルではダプdapと呼ばれる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のドイラの言及

【ダーイラ】より

… この太鼓はやはりアラビア語でドゥッフ(ダッフdaff)またはタールṭār,トルコ語でデフdef,マズハルmazharと呼ばれるものと同種であるが,ダーイラの名称はイラン,パキスタン,アラブ諸国で一般的である。またグルジアではダイラdaira,ウズベキスタンやタジキスタン,アフガニスタンではドイラdoira,また東ヨーロッパのアルバニアやマケドニアではダイレdaireの呼称で知られる。概して民俗音楽・舞踊の伴奏に用いられることが多い。…

※「ドイラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android