ドゥクモンキー(読み)どぅくもんきー(英語表記)douc monkey

世界大百科事典 第2版「ドゥクモンキー」の解説

ドゥクモンキー【douc monkey】

ラオス,ベトナムおよびその周辺の島に生息する霊長目オナガザル科の旧世界ザル。1属1種。コロブス亜科オナガザル亜科をつなぐ古い型のサルであると考えられている。体色は黒っぽい灰色で,ほおと首に白い毛をもつ。顔は黒色,または黄色。他のコロブス亜科のサルに比べて鼻口部がやや突出している。頭胴長はが55~82cm,が60~63cm。尾長は雄が60~77cm,雌が60~67cm。木の葉を好んで食べる。牛などの草食獣に似たいくつかにくびれたをもち,その一部に植物繊維のセルロースを消化する酵素をもつ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「ドゥクモンキー」の解説

ドゥクモンキー
どぅくもんきー
douc monkey
[学] Pygathrix nemaeus

哺乳(ほにゅう)綱霊長目オナガザル科の動物。ベトナムと海南島に分布する。体毛は灰色を基調に、頬(ほお)、前腕、腰、尾が白い。顔は黄色いものと黒いものとがある。体長は65センチメートルで尾はやや長い。標高2000メートルまでの多雨林にすみ、木の葉と実を食べる。群れは10頭前後の複雄群である。飼育下の群れでは、個体間で植物性食物が分配されることがあり、食物の分配はオナガザル科のサルでは非常にまれな例である。

[川中健二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

侍ジャパン

国際野球試合における野球日本代表の愛称。SAMURAI JAPAN(サムライ・ジャパン)とも記される。国際野球連盟(IBAF)主催・公認の各種大会・試合に出場し、オリンピックでは1984年のロサンゼル...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android