コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドゥムキー

デジタル大辞泉プラスの解説

ドゥムキー

チェコの作曲家アントニン・ドヴォルザークのピアノ三重奏曲第4番(1890-91)。原題《Dumky》。名称はウクライナの民謡、またはチェコ語の回想または瞑想を意味する言葉に由来するという説がある。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉の解説

ドゥムキー(Dumky)

ドボルザークのピアノ三重奏曲第4番の副題。ホ短調。1890年から1891年にかけて作曲。スラブ人の伝統のバラッドの形式を採り入れた作品。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ドゥムキーの関連キーワードドボルザーク(Antonín Dvořák)チェコ

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ドゥムキーの関連情報