コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドカーズ公 ドカーズこうDecazes, Élie, Duc de

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドカーズ公
ドカーズこう
Decazes, Élie, Duc de

[生]1780.9.28. ジロンド,サンマルタンドレ
[没]1860.10.24. アベロン,ドカーズビル
王政復古初期に自由主義政策を遂行したフランスの政治家。ナポレオン1世退位後国王ルイ 18世の信任を得,リシュリュー内閣の警察大臣として立憲王党派の結集に努力,純理派といわれた。 1819年 11月ドカーズ内閣を組織したが,王位継承者ベリー公の暗殺事件 (1820.2.) を契機にユルトラ (極右王党派) に反攻されて瓦解。 30年以後は七月王政を支持した。またアベロンの鉄・石炭開発会社を組織し (26) ,この工業都市にドカーズビルという名が与えられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ドカーズ公の関連キーワード武装中立同盟ペスタロッチマリアテレジアティチングマリアテレジアコンディヤック前古典派音楽ダービー(競馬)ベリマン(Torbern Olaf Bergman)本居宣長(国学者、神道学者)

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android