瓦解(読み)がかい

精選版 日本国語大辞典の解説

が‐かい グヮ‥【瓦解】

〘名〙
① (屋根瓦の一部が落ちれば、その勢いで次々に落ち、ついに全部が崩れ落ちるように)組織的な物事の一部分がこわれて、それによって全体がこわれること。また単に、組織だった物事の全体がこわれることにもいう。
※翰林葫蘆集(1518頃)一三・松泉院殿大祥忌拈香「応仁後関中瓦解左右尹定二京
※花間鶯(1887‐88)〈末広鉄腸〉中「開明新聞の社中に紛議ありて瓦解(グヮカイ)せんとするを」 〔史記‐始皇本紀〕
② とくに徳川幕府の崩壊をいう。
※坊っちゃん(1906)〈夏目漱石〉一「此下女はもと由緒のあるものだったさうだが、瓦解のときに零落して」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

が‐かい〔グワ‐〕【瓦解】

[名](スル)一部の瓦(かわら)のくずれ落ちることが屋根全体に及ぶように、ある一部の乱れ・破れ目が広がって組織全体がこわれること。「汚職から政権が瓦解する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android