コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドッド ドッド Dodd, Charles Harold

2件 の用語解説(ドッドの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドッド
ドッド
Dodd, Charles Harold

[生]1884.4.7.
[没]1973
イギリス新約聖書学者。オックスフォード大学で古典文献学と神学を学んだのち,会衆派の牧師となる。その後オックスフォード (1915) ,マンチェスター (30~35) ,ケンブリッジ (35~49) の各大学で解釈学教授をつとめる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ドッド【Charles Harold Dodd】

1884‐1973
イギリスの新約聖書学者。オックスフォード(1915‐30),マンチェスター(1930‐35),ケンブリッジ(1936‐49)の各大学で教えた。西洋古典学の素養にもとづくイギリス風の堅実な学風とともに,ドイツ神学,とくに様式史的研究方法にも十分な考慮を払いつつ,多くの研究書,聖書注解,聖書翻訳を著した。とくにイエスの〈譬(たと)え話〉の解釈における〈現在的終末論realized eschatology〉の主張は有名であり,大きな影響を与えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ドッドの関連キーワードオックスフォード学派オックスフォードシューズオックスブリッジオックスフォード街オックスフォードグレーオックスフォードストリートオックスフォード運河の殺人オックスフォードミステリー ルイス警部オックスフォード大学出版局オックスフォード・グループ運動

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ドッドの関連情報