コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドビルパン新内閣(仏) どびるぱんしんないかく

1件 の用語解説(ドビルパン新内閣(仏)の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

ドビルパン新内閣(仏)

2005年5月、国民投票欧州憲法条約批准が拒否されたことからラファラン首相が更迭された後を受け、同年6月に成立した内閣。欧州憲法条約批准拒否の最大理由とされた「雇用の改善」を最優先課題として掲げ、内閣発足後「100日」の間に成果を上げるとして、零細企業での雇用創出の促進と、失業対策の2つを強調した。06年に実施予定であった所得税減税については、財政赤字を理由に一時停止を表明。公約の100日が経過した9月、ドビルパン内閣は「社会成長」計画の措置を発表した。しかし、05年10月末の移民の若者たちの暴動への対応、06年2月に成立したCPE(初期雇用契約)に対する若年層の強い反発、台湾へのフリゲート艦輸出に関わる汚職事件と政敵サルコジ内相との関係を秘密裡に調査したとされる疑惑問題など、ドビルパン政権の人気は07年の大統領選挙を控えて低下している。

(渡邊啓貴 駐仏日本大使館公使 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドビルパン新内閣(仏)の関連キーワード国民投票レファレンダムローマ条約EU憲法条約EU憲法EU憲法問題スイスの国民投票国民投票法案憲法96条国民投票法による改憲手続き

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone