コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドベライ半島(読み)ドベライハントウ

デジタル大辞泉の解説

ドベライ‐はんとう〔‐ハンタウ〕【ドベライ半島】

Semenanjung Doberai》インドネシア東端、イリアンジャヤニューギニア島西部)の半島。オランダ領時代にその形状から「鳥の頭」を意味するフォーヘルコップ(フォーゲルコップ)半島と呼ばれ、第二次大戦後にチェンドラワシ半島、続いて現名称になった。東のイリアン湾、南のベラウ湾に面し、ベラウ地峡により本島と結ばれる。ワジワン、クラモノ、ジャヤなどで石油を産する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ドベライはんとう【ドベライ半島 Doberai Peninsula】

ニューギニア島西端の半島。インドネシア領。オランダ領時代にはその形状からフォーヘルコップ(鳥の頭)半島と呼ばれたが,第2次大戦後チェンドラワシ半島,さらにドベライ半島と改称された。アルプス・ヒマラヤ造山帯の東端にあたり,第三紀石灰岩山地を主とし,ベラウ地峡により本島胴体部と分かたれる。東はイリアン湾,南はベラウ湾に臨み,もう一つの半島ボンバライと相対する。山地の標高は半島東部で3100mに達するが,南海岸には湿地帯が展開する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドベライ半島
どべらいはんとう
Doberai Semeandjung

インドネシア東部、西イリアン(ニューギニア島西部)の西端部にある大半島、チェンドラワシ半島の別称。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android