コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドミノ・システム systèm Domino

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドミノ・システム
systèm Domino

1914年にル・コルビュジエの提唱した鉄筋コンクリートの構造システム。建築はスラブ,それを支える柱,階段の3つから成るとし,住宅を大量生産するために考案されたもので,のちに鉄筋コンクリートの構造をプレハブ化するシステムとして具体化された。当時,コルビュジエはまだパリで活動を行なっておらず,スイスのラショードフォンで美術教師をしていたが,その発想の大胆さは人々をひきつけ,近代建築の方向を予感させるものであった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のドミノ・システムの言及

【ル・コルビュジエ】より

…さらに遠くギリシア,トルコまで旅行した後,1917年パリに定住して仕事をはじめる。すでに1914年〈ドミノ・システムDomino system〉を発表,コンクリート造の柱と床に荷重を受け持たせ,壁を自由にした近代建築の構造原理を示した。さらに22年,〈近代建築の5原則〉を発表し,ピロティ,独立骨組み,自由な平面,自由な立面,屋上庭園こそ近代建築の備えるべき特色であると指摘する。…

※「ドミノ・システム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ドミノ・システムの関連キーワードカーテンウォール機能主義

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android