コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラショードフォン La Chaux-de-Fonds

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラショードフォン
La Chaux-de-Fonds

スイス西部,ヌーシャテル州の都市。ヌーシャテルの北西,フランス国境に近いジュラ山脈中の平地に位置する。住民はおもにフランス系のプロテスタント。隣接する町ルロックルとともに 18世紀初頭から時計製造に重点を置いて建設された計画都市で,工場と住居が整然と立ち並ぶ市街地が特徴的。今日もスイス時計工業の中心地であり,一つの産業に特化しながら発展を遂げた地域として,ルロックルとともに 2009年世界遺産の文化遺産に登録。スイス時計商工会議所の本部や時計学校がある。機械工業や印刷業も重要。建築家,都市設計家ル・コルビュジエの生地。人口 4万7035 (2006推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ラ‐ショードフォン(La Chaux-de-Fonds)

スイス西部、ヌーシャテル州の都市。州都ヌーシャテルに次いで同州第2の規模をもつ。時計産業が盛んで、国際時計博物館がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ラショードフォンの関連キーワードドミノ・システムサンドラルス

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android