コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドメインネーム ドメインネーム domain name

翻訳|domain name

3件 の用語解説(ドメインネームの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ドメイン‐ネーム(domain name)

ドメイン名

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドメインネーム
どめいんねーむ
domain name

インターネットに接続されているコンピュータを識別するための名前。ドメイン名ともいう。インターネット上の住所のようなもので、ウェブサイトを閲覧したり電子メールを送付するときに、対象となる相手のサーバを特定するために使う。インターネットに接続されたコンピュータの識別にはIPアドレスが用いられるが、これは数字の列で構成されておりわかりにくい。そのため、IPアドレスと1対1で対応しているドメインネームが広く使われている。「.」(ドット)でくぎられた複数の文字列により分類され、右側に行くほど大きな分類になる。
 一番右に表記される部分がトップレベルドメイン(TLD:top level domain)で、ccTLD(country code TLD)ともよばれる国を表すもの(jpなど)と、gTLD(generic TLD)とよばれる一般的なもの(comなど)がある。その左が、組織を識別する部分で、日本の場合は、coは企業や法人、goは政府機関、acは教育機関を表している。たとえばYahoo! Japan(ヤフージャパン)であれば、www.yahoo.co.jpというドメインネームであり、jpが日本、coが企業、yahooが社名である。ICANN(The Internet Corporation for Assigned Names and Numbers)の下部組織であるNIC(Network Information Center)という非営利機関によって国際的に管理され、重複しないようになっている。日本に割り当てられた国別のドメインネームは日本レジストリサービス(JPRS)が、IPアドレスは日本ネットワークインフォメーションセンター(JPNIC)が管理している。
 ドメインネームは、通信の際にコンピュータ内でIPアドレスに変換して利用されるが、ドメインネームからIPアドレスを見つけることを正引き、IPアドレスからドメインネームを見つけることを逆引きという。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドメインネームの関連キーワードIDNFQDN完全修飾ドメイン名国際化ドメイン名トップレベルドメインサブドメイン汎用JPドメイン名2LD多言語ドメイン名ドメイン提供会社

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ドメインネームの関連情報