コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドメインネーム domain name

翻訳|domain name

IT用語がわかる辞典の解説

ドメインネーム【domain name】

ドメイン名。◇略して「ドメイン」ともいう。⇒ドメイン名

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドメインネーム
どめいんねーむ
domain name

インターネットに接続されているコンピュータを識別するための名前。ドメイン名ともいう。インターネット上の住所のようなもので、ウェブサイトを閲覧したり電子メールを送付するときに、対象となる相手のサーバを特定するために使う。インターネットに接続されたコンピュータの識別にはIPアドレスが用いられるが、これは数字の列で構成されておりわかりにくい。そのため、IPアドレスと1対1で対応しているドメインネームが広く使われている。「.」(ドット)でくぎられた複数の文字列により分類され、右側に行くほど大きな分類になる。
 一番右に表記される部分がトップレベルドメイン(TLD:top level domain)で、ccTLD(country code TLD)ともよばれる国を表すもの(jpなど)と、gTLD(generic TLD)とよばれる一般的なもの(comなど)がある。その左が、組織を識別する部分で、日本の場合は、coは企業や法人、goは政府機関、acは教育機関を表している。たとえばYahoo! Japan(ヤフージャパン)であれば、www.yahoo.co.jpというドメインネームであり、jpが日本、coが企業、yahooが社名である。ICANN(The Internet Corporation for Assigned Names and Numbers)の下部組織であるNIC(Network Information Center)という非営利機関によって国際的に管理され、重複しないようになっている。日本に割り当てられた国別のドメインネームは日本レジストリサービス(JPRS)が、IPアドレスは日本ネットワークインフォメーションセンター(JPNIC)が管理している。
 ドメインネームは、通信の際にコンピュータ内でIPアドレスに変換して利用されるが、ドメインネームからIPアドレスを見つけることを正引き、IPアドレスからドメインネームを見つけることを逆引きという。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ドメインネームの関連キーワード日本ネットワークインフォメーションセンタークライアント・サーバーシステム日本レジストリサービス(株)DNSサフィックス完全修飾ドメイン名汎用JPドメイン名InterNIC日本語ドメイン名国際化ドメイン名ルートサーバーDNSサーバーサブドメインwhoisICANNnamedFQDNgTLDDDNS名前解決BIND

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android