コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドリゴ Riccardo Drigo

2件 の用語解説(ドリゴの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ドリゴ【Riccardo Drigo】

1846‐1930
イタリアの作曲家,指揮者。パドバおよびベネチア音楽教育を受けた後,1878年ロシアに渡り,ペテルブルグオペラを指揮。86年から宮廷劇場バレエ指揮者をつとめ,チャイコフスキーの《眠れる森の美女》や《くるみ割り人形》の初演を指揮。1920年革命のために母国に戻る。オペラ,バレエ音楽を作曲したが,代表作はバレエ《道化芝居》(1900初演)で,同曲中のセレナードは《ドリゴのセレナード》の名で知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドリゴ
どりご
Riccardo Drigo
(1846―1930)

イタリアの指揮者、作曲家。生地パドバとベネチアで音楽を学ぶ。1878年ロシアに行き、ペテルブルグのイタリア・オペラ座宮廷バレエ劇場の指揮者として、この地で40年にわたり活躍。チャイコフスキーのバレエ『眠りの森の美女』(1890)、『くるみ割り人形』(1892)の初演を行い、また『白鳥の湖』の新しい版を手がけて、チャイコフスキーのピアノ曲をオーケストラに編曲してこれに加えた。作曲家としてよりも指揮者の業績が高いが、バレエ作品『道化芝居』(1900)は当時国際的な評価を得た。曲中の「セレナード」はとくに有名。[船山信子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドリゴの関連キーワードイタリアケルビーニスカルラッティドニゼッティイタリア奇想曲イタリアのハロルドマリアの生涯ベッリーニマリピエロズガンバティ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ドリゴの関連情報