コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドリス・レッシング どりす・れっしんぐDoris lessing

知恵蔵miniの解説

ドリス・レッシング

英国の女流作家。フルネームはDoris May Lessing。1919年、英国人の両親の元、ペルシャ(現イラン)に生まれる。5歳の時、英国の植民地だったアフリカの南ローデシア(現ジンバブエ)に移住。7歳の時から執筆を始めたという。学校は13歳で退学し、結婚・離婚を経て、49年、息子を連れロンドンに移住。50年、アフリカの黒人と白人の対立を描いた長編『草は眠っている』(晶文社)で文壇デビュー、高い評価を得た。54年、サマセット・モーム賞受賞。生涯に50冊余りの作品を残し、フェミニスト小説の金字塔と言われる『黄金のノート』(エディ・フォア、62年)や、コロンビアのルポ『暴力の子供たち-コロンビアの少年ギャング』(朝日新聞社、97年)などが代表作とされる。幾度もノーベル文学賞候補にあげられた後、2007年、88歳で同賞を受賞。13年11月17日、死去。享年94。

(2013-11-19)

出典|朝日新聞出版知恵蔵miniについて | 情報

ドリス・レッシングの関連キーワードアフリカ文学

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android