金字塔(読み)きんじとう

精選版 日本国語大辞典「金字塔」の解説

きんじ‐とう ‥タフ【金字塔】

〘名〙
① 金の字の形の塔。ピラミッドなどをいう。〔将来之日本(1886)〕
※父の婚礼(1915)〈上司小剣〉四「海苔巻き鮓を金字塔の形に盛り上げた鉢や」
② (比喩的に) 後世に長く残るようなすぐれた業績
※フランスの百科辞典について(1950)〈渡辺一夫〉四「近代的な百科辞典のフランスに於ける最初の、ささやかな金字塔は、フュルチエールの手によって建てられた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「金字塔」の解説

きんじ‐とう〔‐タフ〕【金字塔】

《「金」の字の形をした塔の意》ピラミッド
後世に永く残るすぐれた業績。不滅の業績。「金字塔を打ち建てる」
[類語]遺産実績成績業績成果偉業遺業勲功偉功事績足跡収穫結実実り治績功績功労手柄殊勲偉勲巨歩

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android