金字塔(読み)キンジトウ

デジタル大辞泉の解説

きんじ‐とう〔‐タフ〕【金字塔】

《「金」の字の形をした塔の意》ピラミッド
後世に永く残るすぐれた業績。不滅の業績。「金字塔を打ち建てる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きんじとう【金字塔】

「金」の字の形の塔。ピラミッドをいう。
後世に永く残る立派な業績。偉大な作品や事業。 「 -を打ちたてる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きんじ‐とう ‥タフ【金字塔】

〘名〙
① 金の字の形の塔。ピラミッドなどをいう。〔将来之日本(1886)〕
※父の婚礼(1915)〈上司小剣〉四「海苔巻き鮓を金字塔の形に盛り上げた鉢や」
② (比喩的に) 後世に長く残るようなすぐれた業績
※フランスの百科辞典について(1950)〈渡辺一夫〉四「近代的な百科辞典のフランスに於ける最初の、ささやかな金字塔は、フュルチエールの手によって建てられた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

金字塔の関連情報