金字塔(読み)きんじとう

精選版 日本国語大辞典「金字塔」の解説

きんじ‐とう ‥タフ【金字塔】

〘名〙
① 金の字の形の塔。ピラミッドなどをいう。〔将来之日本(1886)〕
※父の婚礼(1915)〈上司小剣〉四「海苔巻き鮓を金字塔の形に盛り上げた鉢や」
② (比喩的に) 後世に長く残るようなすぐれた業績。
※フランスの百科辞典について(1950)〈渡辺一夫〉四「近代的な百科辞典のフランスに於ける最初の、ささやかな金字塔は、フュルチエールの手によって建てられた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「金字塔」の解説

きんじ‐とう〔‐タフ〕【金字塔】

《「金」の字の形をした塔の意》ピラミッド
後世に永く残るすぐれた業績。不滅の業績。「金字塔を打ち建てる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android