金字塔(読み)キンジトウ

  • きんじとう ‥タフ
  • きんじとう〔タフ〕

大辞林 第三版の解説

「金」の字の形の塔。ピラミッドをいう。
後世に永く残る立派な業績。偉大な作品や事業。 -を打ちたてる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 金の字の形の塔。ピラミッドなどをいう。〔将来之日本(1886)〕
※父の婚礼(1915)〈上司小剣〉四「海苔巻き鮓を金字塔の形に盛り上げた鉢や」
② (比喩的に) 後世に長く残るようなすぐれた業績。
※フランスの百科辞典について(1950)〈渡辺一夫〉四「近代的な百科辞典のフランスに於ける最初の、ささやかな金字塔は、フュルチエールの手によって建てられた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ブルーインパルス

航空自衛隊に所属し華麗なアクロバット飛行(展示飛行)を披露する専門チーム。現在のチームは3代目となり、正式名称は宮城県松島基地の第4航空団に所属する「第11飛行隊」。チーム名の「青い衝撃」の意にちなん...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

金字塔の関連情報