ドルフィンキック(英語表記)dolphin kick

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ドルフィンキック」の解説

ドルフィンキック
dolphin kick

バタフライ泳法で,両脚をそろえ足ので水を上下に打つキック法。イルカの泳ぐ様子に似ているのでこの名がある。当初バタフライには平泳ぎと同じ蛙足 (かえるあし) が用いられていたが,1954年長沢二郎によってこのキック法が完成,その後石本隆らの活躍によってその優越性が世界に認められた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「ドルフィンキック」の解説

ドルフィン‐キック

〘名〙 (dolphin kick ドルフィンはイルカのこと) 水泳のバタフライ泳法で行なう足の動作の一つ。両足をそろえ、足の甲で水を上下にうって推進する。泳いでいる姿がイルカに似ているところから名づけられた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「ドルフィンキック」の解説

ドルフィン‐キック(dolphin kick)

水泳で、両足を同時に上下させ、足の甲で水を蹴ること。バタフライや背泳ぎのスタート直後に行う。イルカ蹴り。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のドルフィンキックの言及

【水泳】より

…平泳の変化したもので,空中高く前方に運んだ両腕を一気に下ろして水をかき切る。初期には,足は平泳と同じカエル足だったが,両足をそろえて足の甲で水をけるドルフィンキックも行われ,1954年に国際水泳連盟は両足キックを用いたバタフライを独立種目とした。現在は1ストローク,2キックが一般的である。…

※「ドルフィンキック」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

光合成

光のエネルギーにより生物が二酸化炭素を同化して有機化合物を生成する過程。緑色植物の場合には,クロロフィルおよびカロテノイドの働きにより光のエネルギーを吸収し,6CO2 + 12H2O → C6H12O...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android