コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドンドラ岬 ドンドラみさきDondra Head

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドンドラ岬
ドンドラみさき
Dondra Head

スリランカ最南端,インド洋に突出する岬。ヒンドゥー教の巡礼地で,ビシュヌ神殿があったが,1587年ポルトガル人が破壊。 1889年建設の灯台がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ドンドラ‐みさき【ドンドラ岬】

Dondra Head》スリランカ南部、セイロン島最南端のインド洋に突出する岬。南部州の都市マータラの南東約5キロメートルに位置する。ビシュヌ神を祭る寺院があったが、16世紀にポルトガル人により破壊。現在もヒンズー教の聖地として知られる。デウンダラ岬

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドンドラ岬
どんどらみさき
Dondra Head

スリランカ南部、セイロン島最南端のインド洋に突出する岬。高度104メートルの岬の上に1889年灯台が設置された。ヒンドゥー教の寺院があり巡礼地となっている。コロンボから近くの町マタラまで鉄道が通じているので交通の便はよい。[貞方 昇]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android