ドンドラ岬(読み)ドンドラみさき(英語表記)Dondra Head

デジタル大辞泉の解説

ドンドラ‐みさき【ドンドラ岬】

Dondra Head》スリランカ南部、セイロン島最南端のインド洋に突出する岬。南部州の都市マータラの南東約5キロメートルに位置する。ビシュヌ神を祭る寺院があったが、16世紀にポルトガル人により破壊。現在もヒンズー教の聖地として知られる。デウンダラ岬

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドンドラ岬
どんどらみさき
Dondra Head

スリランカ南部、セイロン島最南端のインド洋に突出する岬。高度104メートルの岬の上に1889年灯台が設置された。ヒンドゥー教の寺院があり巡礼地となっている。コロンボから近くの町マタラまで鉄道が通じているので交通の便はよい。[貞方 昇]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android