コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドン・カルロス・デ・アウストリア Don Carlos de Austria

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドン・カルロス・デ・アウストリア
Don Carlos de Austria

[生]1545.7.8. バリャドリド
[没]1568.7.24. マドリード
スペインの王位継承者。国王フェリペ2世と同一血族のポルトガル王ジョアン3世 (敬虔王) の娘マリアとの間に生れたただ1人の子。病身で大食,さらに嗜虐的で誇大妄想の性癖は,近親結婚による悪質な遺伝と考えられている。父王や側近の努力にもかかわらず不行跡が跡を絶たず,ついに父王フェリペ2世の暗殺をはかり捕えられて投獄された (1568.1.18.) 。獄中で没したが,王の命令によって殺されたという噂が宮廷内にも広まった。しかし明白な証拠はない。その悲劇的な生涯は,シラーの『ドン・カルロス』 Don Carlos (1787) の戯曲などにも扱われている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ドン・カルロス・デ・アウストリアの関連キーワードチェリーニルートウィヒトリエント公会議ファルネーゼ植物園パウルス(3世)パレ鳥谷敬梅の日浅井長政

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android