コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ド・バリー ド・バリーDe Bary, Heinrich Anton

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ド・バリー
De Bary, Heinrich Anton

[生]1831.1.26. フランクフルトアムマイン
[没]1888.1.19. シュトラスブルク
ドイツの植物学者。フライブルク (1855~66) ,ハレ (67~72) ,シュトラスブルク (72~88) 各大学教授を歴任。数多くのカビの生活史を明らかにした。それまで植物の分類は形態を基準にして行うのが普通であったが,彼は生活史に基づいてカビを分類した。彼の行なった分類の大部分は今日でも通用している。彼は特に植物の病因となるカビを研究し,銹病や黒穂病におかされた植物に見られるカビがこれらの病気の原因であることを突止めた。また,銹病菌が2つの宿主 (コムギとメギ属植物) とに寄生するのを見つけたが,これは異種寄生の観察として最初のものである。菌類学や植物病理学の創始者とみなされている彼は,植物解剖学にも大きく貢献しており,『顕花植物およびシダ植物の比較解剖学』 Vergleichende Anatomie der Vegetationsorgane der Phanerogamen und Farne (77) を著わした。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ド・バリーの関連キーワードコベント・ガーデン王立歌劇場エコミュージアム1月26日

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ド・バリーの関連情報