コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

異種寄生 いしゅきせいheteroecism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

異種寄生
いしゅきせい
heteroecism

生活史の時期によって異なる宿主に寄生すること。たとえばコムギのサビキン Puccinia graminisは冬胞子となってムギの切り株中で越冬ののち発芽し,担子胞子をつくり,これがメギに寄生し,メギ上で生じたサビ胞子がムギに寄生し,夏胞子としてムギに再感染し,ムギの時期の終りとともに冬胞子をつくるサイクルを繰返す。寄生動物 (たとえばカンテツ) にも異種寄生の例は多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

異種寄生
いしゅきせい
heteroecism

サビキン(銹病(さびびょう)菌)のなかには、1代の生活史を全うするのに、たとえば、マツとナラ、モミとシダのように2種のまったく無縁の宿主植物上で、寄生生活を営むことが必要な菌がある。このような寄生生活を、異種寄生という。[今関六也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

異種寄生の関連キーワードド・バリー同種寄生さび病赤星病こぶ病カビ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android