コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銹病 さびびょうrust disease

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

銹病
さびびょう
rust disease

銹菌の寄生によって起る植物の病気。種々の植物の茎葉褐色病斑がみられるが,そこには胞子の集団が出る。雑草につくものなどは経済上問題にならないが,麦など穀物につくものは収穫減少による実害がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

さび‐びょう〔‐ビヤウ〕【×銹病】

植物に銹病菌が寄生して起こる病害。葉などに褐色の斑点が生じたり、茎や枝にこぶ状のふくらみができたりする。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

銹病【さびびょう】

担子菌類サビキン目に属する菌類の寄生により起こる植物の病気。新梢,葉,茎,幹などに鉄さび色や黒〜褐色の胞子堆を生じたり,こぶ状などの奇形を呈したりするところから,この名がある。
→関連項目植物菌類病石灰硫黄合剤

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さびびょう【銹病 leaf rust】

担子菌類に属する銹病菌(銹菌ともいう)が植物に寄生して生ずる病害の総称。葉に生ずる鉄さび様の胞子塊から本病の呼名がある。銹病はきわめて多種の植物に認められるが,1種の菌の寄主範囲は狭く,寄生性分化の進んだ菌である。コムギ赤銹病菌はコムギを侵すことができるが,オオムギに寄生せず,またオオムギ小(こ)銹病菌はコムギには寄生性をもたない。ムギ類の銹病菌は種内の寄生性分化も著しく,レース(特別な系統)の研究にかっこうの材料を提供してきた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

さびびょう【銹病】

銹菌の寄生によって起こる作物の病害。葉などに鉄銹状の胞子塊が現れることからいう。赤銹病・黒銹病など。多種の農作物・樹木に発生し被害も大きい。葉渋病。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

銹病の関連キーワードアカサビビョウキン(赤銹病菌)マツコブビョウキン(松瘤病菌)キサビビョウキン(黄銹病菌)シロサビキン(白銹菌)ド・バリーてんぐ巣病平塚 直秀ウイロイドコーヒーバンクス白さび病ダイセン同種寄生異種寄生赤星病ジネブ農作物葉渋病赤銹病樹木

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android