コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銹病(読み)さびびょう(英語表記)rust disease

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

銹病
さびびょう
rust disease

銹菌の寄生によって起る植物の病気。種々の植物の茎葉褐色病斑がみられるが,そこには胞子の集団が出る。雑草につくものなどは経済上問題にならないが,麦など穀物につくものは収穫減少による実害がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

銹病【さびびょう】

担子菌類サビキン目に属する菌類の寄生により起こる植物の病気。新梢,葉,茎,幹などに鉄さび色や黒〜褐色の胞子堆を生じたり,こぶ状などの奇形を呈したりするところから,この名がある。銹菌は担子菌類に属し,胞子には柄胞子,銹胞子,夏胞子,冬胞子,小生子の胞子形がある。宿主となる植物は幅広いが,それぞれの銹菌ごとの宿主は決まっている。銹菌のうち,一生活史をすべて同一植物上で過ごす種類を同種寄生種,異なった2種類の植物に寄生する種類を異種寄生種という。前者にはヒマワリの銹病菌などがあり,後者に属するムギ類の黒銹病菌は,夏胞子はムギ類の茎葉に寄生して鉄さび色を呈し,次いで冬胞子を同植物上でつくって黒褐色となり,この冬胞子の発芽で生じた小生子はメギ属植物の葉面に飛散して銹胞子をつくる。銹菌は世界中に約5000種が分布し,日本でも約800種存在する。ムギ類,ソラマメ,ナシ,ノイバラ,アカマツ,クロマツのほか多くの農作物,草花類,森林樹木類および各種雑草に大きな被害を与えている。防除は有機硫黄剤等の殺菌剤散布が有効だが,中間宿主(ナシ赤星病におけるビャクシンとカイヅカイブキ)の栽植規制なども行われている。
→関連項目植物菌類病石灰硫黄合剤

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さびびょう【銹病 leaf rust】

担子菌類に属する銹病菌(銹菌ともいう)が植物に寄生して生ずる病害の総称。葉に生ずる鉄さび様の胞子塊から本病の呼名がある。銹病はきわめて多種の植物に認められるが,1種の菌の寄主範囲は狭く,寄生性分化の進んだ菌である。コムギ赤銹病菌はコムギを侵すことができるが,オオムギに寄生せず,またオオムギ小(こ)銹病菌はコムギには寄生性をもたない。ムギ類の銹病菌は種内の寄生性分化も著しく,レース(特別な系統)の研究にかっこうの材料を提供してきた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

さびびょう【銹病】

銹菌の寄生によって起こる作物の病害。葉などに鉄銹状の胞子塊が現れることからいう。赤銹病・黒銹病など。多種の農作物・樹木に発生し被害も大きい。葉渋病。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android