コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銹病 さびびょうrust disease

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

銹病
さびびょう
rust disease

銹菌の寄生によって起る植物の病気。種々の植物の茎葉に褐色の病斑がみられるが,そこには胞子の集団が出る。雑草につくものなどは経済上問題にならないが,麦など穀物につくものは収穫減少による実害がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

さび‐びょう〔‐ビヤウ〕【×銹病】

植物に銹病菌が寄生して起こる病害。葉などに褐色の斑点が生じたり、茎や枝にこぶ状のふくらみができたりする。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

銹病【さびびょう】

担子菌類サビキン目に属する菌類の寄生により起こる植物の病気。新梢,葉,茎,幹などに鉄さび色や黒〜褐色の胞子堆を生じたり,こぶ状などの奇形を呈したりするところから,この名がある。
→関連項目植物菌類病石灰硫黄合剤

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さびびょう【銹病 leaf rust】

担子菌類に属する銹病菌(銹菌ともいう)が植物に寄生して生ずる病害の総称。葉に生ずる鉄さび様の胞子塊から本病の呼名がある。銹病はきわめて多種の植物に認められるが,1種の菌の寄主範囲は狭く,寄生性分化の進んだ菌である。コムギ赤銹病菌コムギを侵すことができるが,オオムギに寄生せず,またオオムギ小(こ)銹病菌はコムギには寄生性をもたない。ムギ類の銹病菌は種内の寄生性分化も著しく,レース(特別な系統)の研究にかっこうの材料を提供してきた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

さびびょう【銹病】

銹菌の寄生によって起こる作物の病害。葉などに鉄銹状の胞子塊が現れることからいう。赤銹病・黒銹病など。多種の農作物・樹木に発生し被害も大きい。葉渋病。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

闇ポテチ

2017年に起こったジャガイモ不足を発端に、非正規のルートで流通したポテトチップスのこと。16年の台風被害などで原料となる北海道産ジャガイモの収穫量が減少したことを受け、17年3月に株式会社湖池屋が、...

続きを読む

コトバンク for iPhone