コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドーティ ドーティ dhoti (dhooti)

2件 の用語解説(ドーティの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドーティ
ドーティ
dhoti (dhooti)

インド,パキスタン地方の民族衣装の一種。ヒンドゥー教徒の男性が着用する綿布の腰布。起源は前2世紀頃と考えられている。普通クルタ呼ばれる襟なしの大きなシャツワイシャツと組合せて着用する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ドーティ【dhoti[ヒンデイー]】

インドでヒンドゥー教の男性の着る腰衣。時代や地域によって着け方は異なるが,幅1m,長さ5m余りの長い布の両端を前中央から股をくぐらせて後ろに回し,胴囲にはさみこむのが特徴で,形は裾のすぼまったズボン式となる(図)。材質は下層の人々は晒(さらし)木綿,上層の人々はローンというように同じ木綿でも階層により異なる。長袖,膝丈のゆるやかな上衣のクルタkurtaとともに着用する。【松本 敏子】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のドーティの言及

【ヒンドゥー教】より

…また男性はビャクダンまたはサフランの粉末を油で練って,煤を混ぜて黒色にしたティラクと称する印を額に付けることもある。伝統的には,とくにバラモンの高僧に会うときには,男子はドーティと称するインド服を,女子は1枚の縫目の無い布から作られたサリーを着用する。バラモンは非暴力の精神から菜食主義を守り,とくに牛の崇拝から牛肉を忌避する。…

※「ドーティ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ドーティの関連キーワードエレファンタ石窟ヒンドゥー教建築ヒンドゥー教美術ヒンズーヒンズー教ヒンドゥーヒンドゥー至上主義ヒンドゥー教寺院ヒンドゥー法典マタ(ヒンドゥー教)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ドーティの関連情報