コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドール山地 ドールさんちMont-Dore

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドール山地
ドールさんち
Mont-Dore

フランス中南部のマシフサントラル(中央山地)の一角,オーベルニュ山地のなかで最高部を占める山地。ピュイドドーム県に属する。最高峰はピュイドサンシー(1886m)。古第三紀時代の火山が浸食に抗して残った円形の山地からなる。直径は約 30km。ロアール水系とガロンヌ水系の分水嶺を形成し,噴火口,火口湖,溶岩流などの火山地形に富み,山麓のモンドール(クレルモンフェラン南南西約 50km)には鉱泉も湧出する。国道が北側を東西に走り,観光・保養地帯となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android