コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ド・ビーア(英語表記)Gavin Rylands de Beer

世界大百科事典 第2版の解説

ド・ビーア【Gavin Rylands de Beer】

1899‐1972
イギリスの生物学者。オックスフォード大学モードレン・カレッジを卒業。同大講師,ロンドン大学教授を経て大英博物館館長を歴任。2度の世界大戦には近衛兵として参戦。1954年にナイトの称号を,58年にはローヤル・ソサエティのダーウィンメダルを受けた。脊椎動物相同器官に関係した比較解剖学形態学両生類を用いた実験発生学的研究をした。また,種により個体発生における発生順序が逆転する〈異時性〉の現象をもとにE.ヘッケルの〈生物発生原則〉を批判し,進化の過程・機構を考察した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のド・ビーアの言及

【生物発生原則】より

…しかし20世紀に入ってから,その期待は実現されないことがしだいに明らかとなり,それとともにこの説は多くの面から批判を受けるようになった。イギリスの動物学者ド・ビーアの著書《発生学と進化》(1930),《胚と祖先》(1940‐58)はそのような批判の決定打ともいうべきものである。批判ないし否定的見解のおもな点は,(1)個体発生の事実は系統発生の事実をそのままくり返すわけではないこと,(2)個体発生には系統発生が反映すること,(3)ヘッケルの書いたように系統発生が個体発生の〈機械的原因〉であるのではなく,個体発生の変化が系統発生をつくりだすのであること,などに要約することができる。…

※「ド・ビーア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android