ナウエルワピ国立公園(読み)ナウエルワピこくりつこうえん(英語表記)Parque Nacional Nahuel Huapí

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナウエルワピ国立公園
ナウエルワピこくりつこうえん
Parque Nacional Nahuel Huapí

アルゼンチン中南部,アンデス山脈中にある国立公園ナウエルワピ湖を中心に,チリとの国境に沿ってネウケン州からリオネグロ州にかけて広がる。面積 4758km2。 1903年自然保護区として設置され,34年同国最初の国立公園に指定された。密林におおわれ,多数の湖,急流,滝,万年雪をいただく高峰,氷河などがあり,グアナコ (野生のラマ) ,キツネ,ピューマ,シカ,コンドルなどの野生動物が生息する。スキー,登山,ハイキング魚釣りなどが楽しめるため訪れる人が多く,サンカルロスデバリロチェが観光基地となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ナウエルワピ‐こくりつこうえん〔‐コクリツコウヱン〕【ナウエルワピ国立公園】

Parque Nacional Nahuel Huapi》アルゼンチン中西部にある国立公園。100キロメートル以上の長さがある氷河湖のナウエルワピ湖や、カテドラル山をはじめとするアンデス山脈の山々を擁す。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android