コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナガラ ナガラnagara

2件 の用語解説(ナガラの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナガラ
ナガラ
nagara

サンスクリットで都市を意味する。インダス文明の都市を除いて,古代インドの都市はガンジス流域で前 700年頃生れ,やがてコーサラ国の舎衛城やマガダ国の王舎城など,四方を石造や土造の城壁で囲まれた広大な都市が造られ,政治,商業の中心地となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ナガラ

ウズベキスタンの2個一組の鍋型太鼓。陶器製の胴。二つの太鼓は大きさも音高も異なり,明確な音を得るために演奏前にあたためて,2本の棒で打つ。ねじで調節する改良型もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内のナガラの言及

【プラ】より

…アーリヤ人の軍神インドラはプランダラ(〈プラの破壊者〉の意)の異名で呼ばれている。その後,アーリヤ人はガンガー(ガンジス)川流域に進出して〈都市〉を建設し,それらをプラ,ナガラなどの名で呼んだ。古代のハスティナープラ,現代のジャイプル,ナーグプルなど,語尾にプラ(プル)をもつ都市名は多い。…

※「ナガラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ナガラの関連情報