コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナガラ nagara

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナガラ
nagara

サンスクリットで都市を意味する。インダス文明の都市を除いて,古代インドの都市はガンジス流域で前 700年頃生れ,やがてコーサラ国舎衛城マガダ国の王舎城など,四方を石造や土造の城壁で囲まれた広大な都市が造られ,政治,商業中心地となった。マウリヤ朝時代を経て,西方世界との貿易が盛んになるにつれて,都市の商業は栄え,その繁栄はグプタ朝時代まで続いた。都市の商業,金融,手工業にたずさわった人々は,それぞれ自治的な組織をもち,社会秩序の維持にあたり,彼らが仏教やジャイナ教の主要な支持者となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ナガラ

ウズベキスタンの2個一組の鍋型太鼓。陶器製の胴。二つの太鼓は大きさも音高も異なり,明確な音を得るために演奏前にあたためて,2本の棒で打つ。ねじで調節する改良型もある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のナガラの言及

【プラ】より

…アーリヤ人の軍神インドラはプランダラ(〈プラの破壊者〉の意)の異名で呼ばれている。その後,アーリヤ人はガンガー(ガンジス)川流域に進出して〈都市〉を建設し,それらをプラ,ナガラなどの名で呼んだ。古代のハスティナープラ,現代のジャイプル,ナーグプルなど,語尾にプラ(プル)をもつ都市名は多い。…

※「ナガラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ナガラの関連キーワードフレディリック・オットー ショットカンダーリヤ・マハーデーバ寺ナガランド民族社会主義評議会サラソウジュ(沙羅双樹)ナーガラクルターガマヒンドゥー教美術ラデン・ビジャヤヒンドゥー教建築アンコール・トムハンピの建造物群アラカン[山脈]トコブシ(常節)ダンベイキサゴハヤム・ウルクマジャパヒト朝ジャヤカトワンサンスクリットウズベキスタンアンコール遺跡五月鱒・皐月鱒

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android