コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナクシ・ルスタム Naqsh‐i Rustam

世界大百科事典 第2版の解説

ナクシ・ルスタム【Naqsh‐i Rustam】

イランのファールス州にあるアケメネス朝およびササン朝ペルシアの遺跡。ナクシュ・イ・ルスタムともいう。ペルセポリスの北北西約6km,フサイン・クーḤusayn Kūh(〈フサイン山〉の意)の断崖に位置する。エラム時代の祭儀場面の浮彫が発見されており,付近に泉が存在していたことから,ペルシア帝国以前から宗教的聖地であったことが推定される。アケメネス朝時代には,ダレイオス1世以下4代の王墓が崖の中腹に掘り込まれ,これと相対して〈ゾロアスターカーバ〉と呼ばれる高さ約12.6mの石造建築物(用途について拝火神殿,聖典所蔵庫,殯宮(ひんきゆう)の諸説がある)が建てられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ナクシ・ルスタムの関連キーワードナクシュ・イ・ルスタムシャープール[1世]ファールス

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android