コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナクシ・ルスタム Naqsh‐i Rustam

1件 の用語解説(ナクシ・ルスタムの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ナクシ・ルスタム【Naqsh‐i Rustam】

イランのファールス州にあるアケメネス朝およびササン朝ペルシアの遺跡。ナクシュ・イ・ルスタムともいう。ペルセポリスの北北西約6km,フサイン・クーḤusayn Kūh(〈フサイン山〉の意)の断崖に位置する。エラム時代の祭儀場面の浮彫が発見されており,付近に泉が存在していたことから,ペルシア帝国以前から宗教的聖地であったことが推定される。アケメネス朝時代には,ダレイオス1世以下4代の王墓が崖の中腹に掘り込まれ,これと相対して〈ゾロアスターのカーバ〉と呼ばれる高さ約12.6mの石造建築物(用途について拝火神殿,聖典所蔵庫,殯宮(ひんきゆう)の諸説がある)が建てられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ナクシ・ルスタムの関連キーワードアケメネス朝パサルガダエハマダーンファーネスペルシア帝国波斯エスファハーンサーファールックファール岩ビソトゥーン

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone