コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナショナル・インターグループ ナショナル・インターグループNational Inter group,Inc.,

1件 の用語解説(ナショナル・インターグループの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナショナル・インターグループ
National Inter group,Inc.,

アメリカの持株会社。 1983年,ナショナル・スチールが業態を拡大し,ファイナンシャル・サービスと専門小売業に進出するため設立。ナショナル・スチールは同社の所有という形になった。医薬品販売,アルミ生産,採油,鉄鋼事業に出資。 84年ナショナル・スチールの発行株式 50%を日本鋼管に売却。 85年独立系の大手採油会社パーミアンを,86年医薬品卸売会社のフォックスマイヤーを買収。しかし,90年に入ると資産の売却によるリストラ計画を実施し,コンピュータ・サービスの子会社ジェニックス・エンタープライズを売却。 91年にはパーミアンをアシュランドに,フォックス・マイヤーの株 1040万株も売却した。 94年ナショナル・スチールを売却。 95年フォックスメイヤー・ヘルスと改称,さらに 97年にはアバテックスと改称した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ナショナル・インターグループの関連キーワード朝鮮映画ANRIダイハツCLエンジンスペイン映画PAPI三宅島立正佼成会貸金業法テーマパーク

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone