コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本鋼管 にっぽんこうかん

2件 の用語解説(日本鋼管の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日本鋼管
にっぽんこうかん

1912年創立の大手鉄鋼メーカー。 1919年電気製鉄,1933年第二鋼管,1935年川崎コークス,昭和鋼管,1937年第三鋼管,1940年鶴見製鉄造船,1944年川崎窯業をそれぞれ合併して,日本の代表的重工業会社に発展した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日本鋼管
にっぽんこうかん

大手製鉄会社の旧名称。通称NKK。1912年(明治45)白石元治郎(しらいしもとじろう)が日本最初の鋼管製造会社として創立、民間鉄鋼業の先駆的役割を果たした。1934年(昭和9)の日本製鉄の設立に参加せずアウトサイダーとして社業の発展を図り、多数の鋼管会社を合併するとともに、1936年には宿願の扇町(おうぎちょう)工場(神奈川県)の高炉を完成させた。1940年、浅野系の鶴見(つるみ)製鉄造船を合併し造船部門にも進出、鉄鋼、重工、造船3部門による総合的多角経営の基盤を確立した。第二次世界大戦後は、新鋭の福山製鉄所(広島県)の建設(1966年第一高炉火入れ)と京浜製鉄所の合理化(扇島地区での新工場建設)に力を入れ、新日本製鉄(現、新日鉄住金)に次ぐ業界第2位の地位をもっていた。造船部門では三重県津市に津造船所を設立した(1969年第一船起工)。関係会社は鋼管鉱業など。不動産や電子関連にも事業展開した。2002年(平成14)9月、川崎製鉄との経営統合により持株会社JFEホールディングスを発足させた。また、同年10月に日本鋼管、日立造船両社の造船事業を統合し、ユニバーサル造船を設立した。2003年4月にJFEホールディングスは子会社の日本鋼管と川崎製鉄、および両社のグループ会社をJFEスチール、JFEエンジニアリング、JFE都市開発、川崎マイクロエレクトロニクス、JFE技研の五つの中核会社に再編した。統合前の2002年3月決算時の日本鋼管の資本金2337億円、売上高9555億円。京浜、福山などに工場をもっていた。[橘川武郎]
『日本鋼管株式会社編・刊『七十年史』(1982) ▽長島修著『日本戦時企業論序説――日本鋼管の場合』(2000・日本経済評論社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本鋼管の関連キーワードチャンスメーカームードメーカーメーカー品ボルボ[会社]タイ政府の高炉誘致計画ベスレヘム・スチール[会社]住金鉱業ブックメーカー (bookmaker)アルフェックスアンカー・ホッキング

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日本鋼管の関連情報