コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本鋼管 にっぽんこうかん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日本鋼管
にっぽんこうかん

1912年創立の大手鉄鋼メーカー。 1919年電気製鉄,1933年第二鋼管,1935年川崎コークス,昭和鋼管,1937年第三鋼管,1940年鶴見製鉄造船,1944年川崎窯業をそれぞれ合併して,日本の代表的重工業会社に発展した。 1963年福山製鉄所の建設に着手,1971年4期工事を完了,世界最大の単一製鉄所を完成した。これに伴い世界有数の鉄鋼メーカーとなった。 1988年に NKKを呼称とする。 1990年代後半,分社化を進め,福山,京浜の2高炉体制となった。 2002年9月,株式移転により川崎製鉄と経営統合,2社の完全親会社としてジェイエフイーホールディングス (JFEホールディングス) 設立。翌 2003年4月事業再編が行なわれ,日本鋼管はエンジニアリング部門を継承して JFEエンジニアリングに社名変更した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日本鋼管
にっぽんこうかん

大手製鉄会社の旧名称。通称NKK。1912年(明治45)白石元治郎(しらいしもとじろう)が日本最初の鋼管製造会社として創立、民間鉄鋼業の先駆的役割を果たした。1934年(昭和9)の日本製鉄の設立に参加せずアウトサイダーとして社業の発展を図り、多数の鋼管会社を合併するとともに、1936年には宿願の扇町(おうぎちょう)工場(神奈川県)の高炉を完成させた。1940年、浅野系の鶴見(つるみ)製鉄造船を合併し造船部門にも進出、鉄鋼、重工、造船3部門による総合的多角経営の基盤を確立した。第二次世界大戦後は、新鋭の福山製鉄所(広島県)の建設(1966年第一高炉火入れ)と京浜製鉄所の合理化(扇島地区での新工場建設)に力を入れ、新日本製鉄(現、新日鉄住金)に次ぐ業界第2位の地位をもっていた。造船部門では三重県津市に津造船所を設立した(1969年第一船起工)。関係会社は鋼管鉱業など。不動産や電子関連にも事業展開した。2002年(平成14)9月、川崎製鉄との経営統合により持株会社JFEホールディングスを発足させた。また、同年10月に日本鋼管、日立造船両社の造船事業を統合し、ユニバーサル造船を設立した。2003年4月にJFEホールディングスは子会社の日本鋼管と川崎製鉄、および両社のグループ会社をJFEスチール、JFEエンジニアリング、JFE都市開発、川崎マイクロエレクトロニクス、JFE技研の五つの中核会社に再編した。統合前の2002年3月決算時の日本鋼管の資本金2337億円、売上高9555億円。京浜、福山などに工場をもっていた。[橘川武郎]
『日本鋼管株式会社編・刊『七十年史』(1982) ▽長島修著『日本戦時企業論序説――日本鋼管の場合』(2000・日本経済評論社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

日本鋼管の関連キーワードジェイ エフ イー ホールディングスJFEホールディングス[株]JFEホールディングス(株)ジェイエフイースチールトーア・スチール[株]トーア・スチールユニバーサル造船JFEスチール白石 元治郎NKK[株]岸本吉右衛門今泉 嘉一郎減揺タンク山城 彬成品川白煉瓦中島 英夫槇田 久生林 甚之丞今泉嘉一郎浅野 良三

日本鋼管の関連情報