コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナフプリオン Návplion

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナフプリオン
Návplion

ナフプリオ Návplioともいう。古代ギリシア語読みではナウプリオン Nauplion。ギリシア,ペロポニソス半島東部の都市。エーゲ海アルゴリコス湾の湾奥に位置する。古代に北西のアルゴスの外港として繁栄。 14世紀末以降ベネチア,オスマン帝国に交互に支配されたのち,ギリシア独立戦争 (1821~29) 中,1822年ギリシア軍が占領。 29~34年ギリシアの首都とされた。アルゴス平野に産する果実,タバコ,綿花などの集散地ビザンチン,フランク,ベネチアなどの城や要塞が残る中世風の町で,沖合いに浮ぶ小さなブルジ島にもベネチア時代の城塞がある。ミケーネ,ティリンス,エピダブロス (古代名エピダウロス) などの遺跡観光の基地で,ミケーネから出土した陶器などを収めた美術館がある。人口1万 1453 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のナフプリオンの言及

【アルゴリス】より

…ギリシア本土の南部,ペロポネソス半島北東部に位置し,東西はサロニコス湾とアルカディア山地に,また南北はアルゴリコス湾とコリントス地方とに挟まれた,半島状の地方。現在は1県をなし,県都はナフプリオンNávplion(古名ナウプリア)。古代ギリシア史の最古期にあたるミュケナイ時代には,政治・文化の先進地帯として栄えた。…

【ナウプリア】より

…人口1万1000(1981)。現代ギリシア語ではナフプリオンNávplion。アルゴリス湾に面する海港で,アルゴリス平野の野菜や果物の積出港。…

※「ナフプリオン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ナフプリオンの関連キーワードヤニス イオアニデスアクロナフプリア要塞カポディストリアスパラミディ要塞アルゴリスナウプリア

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android