コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナミガイ ナミガイPanopea japonica

2件 の用語解説(ナミガイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナミガイ
ナミガイ
Panopea japonica

軟体動物門二枚貝綱キヌマトイガイ科。殻長 10cm,殻高 7cm,殻幅 4.5cm。殻は白色,四辺形で,厚いがもろい。前縁はゆるく彎曲し,後縁は切断状で両殻の間は開く。殻頂は低い。幼殻は白色,半透明で,殻表に皺状の成長脈があり,オキナノメンガイの別名がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナミガイ
なみがい / 波貝
Japanese gaper
[学]Panopea japonica

軟体動物門二枚貝綱キヌマトイガイ科の二枚貝。瀬戸内海から樺太(からふと)(サハリン)まで分布し、浅海の砂泥底にすむ。殻高70ミリ、殻長10ミリ、殻幅45ミリに達し、丸みのある長方形。殻は白色で厚いがもろい。両殻を閉じたとき前後にすきまができ、後方のすきまから水管を出す。また、幼貝のときに成長脈に沿って現れる波状のしわが著しく、オキナノメンガイ(翁の面貝)の別名がある。水管は長く太く、ミルクイガイの代用として食用にされ、市場ではシロミル(白みる)ともよばれる。北アメリカ西岸には近似種のアメリカナミガイP. generosaを産し、同様に水管が食用とされている。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ナミガイの関連情報