コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナミガイ Panopea japonica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナミガイ
Panopea japonica

軟体動物門二枚貝綱キヌマトイガイ科。長 10cm,殻高 7cm,殻幅 4.5cm。殻は白色,四辺形で,厚いがもろい。前縁はゆるく彎曲し,後縁は切断状で両殻の間は開く。殻頂は低い。幼殻は白色,半透明で,殻表に皺状の成長脈があり,オキナノメンガイの別名がある。内面は白色。噛み合せの歯は小さく,外套線の彎入は広くて浅い。軟体は白色で,左右の外套膜は融着し,左右水管は太く長く筋肉質。九州,瀬戸内海以北,北海道,サハリンに分布し,浅海の砂泥底にすむ。ミルクイガイ (ミルガイ) の代用として,商品名シロミルガイと称し食用とされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナミガイ
なみがい / 波貝
Japanese gaper
[学]Panopea japonica

軟体動物門二枚貝綱キヌマトイガイ科の二枚貝。瀬戸内海から樺太(からふと)(サハリン)まで分布し、浅海の砂泥底にすむ。殻高70ミリ、殻長10ミリ、殻幅45ミリに達し、丸みのある長方形。殻は白色で厚いがもろい。両殻を閉じたとき前後にすきまができ、後方のすきまから水管を出す。また、幼貝のときに成長脈に沿って現れる波状のしわが著しく、オキナノメンガイ(翁の面貝)の別名がある。水管は長く太く、ミルクイガイの代用として食用にされ、市場ではシロミル(白みる)ともよばれる。北アメリカ西岸には近似種のアメリカナミガイP. generosaを産し、同様に水管が食用とされている。[奥谷喬司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ナミガイの関連キーワードタツナミガイ(立浪貝)サザナミガイ海ぞうめんイソシジミシャコガイ食用貝卵嚢磯蜆漣貝紫貝

今日のキーワード

へうげもの

日本のテレビアニメ。放映はNHK(2011年4月~2012年1月)。原作:山田芳裕による漫画作品。制作:ビィートレイン。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android