コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニクソノミクス Nixonomics

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニクソノミクス
Nixonomics

1969年アメリカの R.ニクソン大統領が打出した経済政策の構想。 1960年代の民主党政権が大規模な財政支出をもとに高度経済成長策を推し進めてきたのに対し,ニクソンは安定成長の実現に基本目標を据え,財政支出の縮小による均衡財政,貨幣供給の操作による景気の調整,企業に対する税制上の優遇措置,賃金,物価への不介入といった具体的方針にそって政策に着手した。しかしアメリカ経済は深刻なスタグフレーションに陥ってしまい,71年夏以後政策の根本的な手直しを余儀なくされた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ニクソノミクスの関連キーワード秋田明大ゴダール(Jean-Luc Godard)アームストロングアームストロング(Neil Alden Armstrong)陳舜臣東松照明ベルイマン(Ingmar Bergman)森一生[各個指定]芸能部門磯田光一

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android