コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磯田光一 いそだ こういち

4件 の用語解説(磯田光一の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

磯田光一 いそだ-こういち

1931-1987 昭和時代後期の文芸評論家。
昭和6年1月18日生まれ。35年三島由紀夫を論じて文壇に登場し,「殉教の美学」「思想としての東京」「永井荷風」と批評の幅をひろげる。「鹿鳴館の系譜」や「左翼がサヨクになるとき」などで近代日本の精神史をほりさげた。59年芸術院賞。英文学を専攻し,東京工業大教授をつとめた。昭和62年2月5日死去。56歳。神奈川県出身。東大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

百科事典マイペディアの解説

磯田光一【いそだこういち】

評論家。神奈川県生れ。東京大学大学院修士課程修了。東京工業大学教授,日本ペンクラブ常務理事。三島由紀夫論などで文壇に登場,以後旺盛な批評活動を展開。1979年,《永井荷風》で第1回サントリー学芸賞,1978年の《思想としての東京》,1983年の《戦後史の空間》《鹿鳴館の系譜》など,近代文学史の書き直しを意図した仕事をすすめた。
→関連項目群像

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

いそだこういち【磯田光一】

1931~1987) 文芸評論家。神奈川県生まれ。東大卒。戦後文学の再検討に始まり、文学史を総合的に捉える批評スタイルを確立。「殉教の美学」「思想としての東京」「永井荷風」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

磯田光一
いそだこういち
(1931―1987)

批評家。神奈川県横浜市生まれ。東京都葛飾区亀有に30年あまり住んだのち、1971年(昭和46)に千葉県松戸市に居住。終焉の地となる。東京大学英文学科卒業後、中央大学文学部助教授、東京工業大学教授を務めた。1960年に『群像』新人賞の最終候補作となった「三島由紀夫論」が同誌の同年10月号に掲載され、デビューを飾る。同年新人賞は秋山駿(1930―2013)、小説部門の候補者には佐木隆三山田智彦(1936―2001)、三枝和子がいた。4年後に刊行された『殉教の美学』(1964)ではヒューマニズムを超越原理への殉教意識によって超えようとする磯田の批評的本質が初めて宣言された。若い世代が左翼思想以来の戦後批評の総決算を求めている時期に、「転向論」そのものを精神の「パトス」としてとらえた論法は『文学、この仮面的なもの』(1969)で一つのスタイルを確立したといってよい。この年、中央大学の助教授でありながら学園紛争で学生を擁護する態度を貫き、8月には依願退職している。磯田の「殉教」理論を昭和史の象徴的な事件として実証してしまう三島由紀夫の自決は翌1970年11月25日に起こった。知人に「三島由紀夫の死への哀悼の意をこめて、来年の年賀は欠礼させていただきます」と黒縁取りの葉書を送った磯田は、昭和そのものへの鎮魂を意識していただろう。そして、三島以後の時代をいち早く批評した『正統なき異端』(1969)、『悪意の文学』(1972)、『砂上の饗宴』(1972)、『邪悪なる精神』(1973)、『近代の迷宮』(1975)によって、戦後の代表的な批評家としての地位を確立したといえる。磯田光一の認識は、今日から振り返るとき、三島の自決を「病気でしょう」といって小林秀雄の激怒をかった江藤淳の批評レベルとは評価が逆転していると見る向きもある。のちに戦後の時空を不可避的な人工性としてみる磯田と、「天皇の国家統治の大権を変更する要求」が含まれないという了解を附帯条件提示としたポツダム宣言にこだわり、戦前の時空からの持続を主張する江藤淳がぶつかるのは必然だった。
 さて、前期がジャーナリスティックな批評だったとしたら、昭和50年代以降の磯田は書誌学と文芸批評の接点を模索する本来の研究家としての作品を仕上げてゆく。1983年に刊行された『鹿鳴館の系譜』では、翻訳文化を受容せざるを得なかったわが国の文化を、風俗や社会史の資料にまでひろげ、「文学の背後から見た文学史」(西尾幹二(1935― ))と評され、第35回読売文学賞に輝いた。『思想としての東京』(1978)では、東京という新帝都がいまだに土着としてもっている領域と、空洞化に流入した外来思想が原形を逸脱した新しいスタイルとして混在するアジアの一都市東京を冷静に分析し、悲哀と延命するリリシズムをあぶりだした。そこに、磯田光一という名の「詩人」の解体と葬送をみることができる。磯田の本質は、犯されがたい「孤独」を愛したボードレールのダンディズムにあったが、当然のことながらその論稿は日本のボードレールともいうべき『萩原朔太郎』(1987)へと向かった。が、死は唐突に訪れた。1987年2月5日、急性心筋梗塞により急逝。享年56歳。
 『群像』に連載中の「萩原朔太郎」最終章のタイトルと磯田光一の署名が絶筆となった。最終章にどんなドラマがつづられたのかもはや知るべくもない。が、そこに付された「過失と宿命」というタイトルは、磯田光一という個人を越え、批評家そのものの必要をこの国において永遠に問い続けているように思われてならない。[山岡弘]
『『文学、この仮面的なもの』(1969・勁草書房) ▽『正統なき異端』(1969・仮面社) ▽『悪意の文学』(1972・読売新聞社) ▽『砂上の饗宴』(1972・新潮社) ▽『邪悪なる精神』(1973・冬樹社) ▽『近代の迷宮』(1975・北洋社) ▽磯田光一著『昭和作家論集成』(1985 ・新潮社) ▽磯田光一著『左翼がサヨクになるとき』(1986・集英社) ▽『永井荷風』『思想としての東京』『鹿鳴館の系譜』『萩原朔太郎』(講談社文芸文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

磯田光一の関連キーワード十返肇村上一郎小笠原克小原元上総英郎川村二郎小宮山明敏寺岡峰夫服部達丸山静

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone