コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニケタス・コニアテス ニケタス・コニアテス Nikētas Chōniatēs

1件 の用語解説(ニケタス・コニアテスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニケタス・コニアテス
ニケタス・コニアテス
Nikētas Chōniatēs

[生]?
[没]1213
ビザンチンの政治家,歴史家。首都コンスタンチノープルで修学後,宮廷に入り,官房長官に就任。 1204年首都陥落後,ニカイアに亡命。主著『歴史』 Chronikē diēgēsis (12巻) はアンナ・コムネナの『アレクシアス』の継続として書かれ,1118~1206年を扱う。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ニケタス・コニアテスの関連キーワードビザンチン建築ビザンチン帝国ビザンチン教会ビザンツビザンチン式ビザンチン文化ビザンツ教会ビザンツ建築ビザンツ式ビザンツ文化

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone