コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニケタス・コニアテス ニケタス・コニアテスNikētas Chōniatēs

1件 の用語解説(ニケタス・コニアテスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニケタス・コニアテス
ニケタス・コニアテス
Nikētas Chōniatēs

[生]?
[没]1213
ビザンチンの政治家,歴史家。首都コンスタンチノープルで修学後,宮廷に入り,官房長官に就任。 1204年首都陥落後,ニカイアに亡命。主著『歴史』 Chronikē diēgēsis (12巻) はアンナ・コムネナの『アレクシアス』の継続として書かれ,1118~1206年を扱う。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ニケタス・コニアテスの関連キーワード建暦横山時兼和田胤長和田常盛和田義盛タマラ建保タマラ金槐和歌集道の地域枠医師制度

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone