コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニケタス・コニアテス Nikētas Chōniatēs

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニケタス・コニアテス
Nikētas Chōniatēs

[生]?
[没]1213
ビザンチンの政治家,歴史家。首都コンスタンチノープルで修学後,宮廷に入り,官房長官に就任。 1204年首都陥落後,ニカイアに亡命。主著『歴史』 Chronikē diēgēsis (12巻) はアンナ・コムネナの『アレクシアス』の継続として書かれ,1118~1206年を扱う。そのほか演説,書簡などとともに『パノプリア』 Panoplia (別名『正統信仰の宝庫』 Thēsauros orthodoxias) と呼ばれる神学上の著作があり,これは 12世紀の宗教史の研究に不可欠の史料。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ニケタス・コニアテスの関連キーワードアクロポリテスコニアテスニカイア

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android