ニゲル(英語表記)Niger Justus, Gaius Pescennius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニゲル
Niger Justus, Gaius Pescennius

[生]135頃
[没]194
ローマ帝国の帝位僭称者 (193~194) 。主として東方諸地域に勤務したが,185~186年ガリアの軍団を指揮。 189年頃執政官 (コンスル ) 。コンモドゥス帝死後の内乱に乗じてシリアで軍隊から推戴されたが,同じく僭称者セプチミウス・セウェルスとの決戦に敗れ,メソポタミア地方に逃走中殺された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android